言いたい放題・追記

アクセスカウンタ

zoom RSS シンデレラ、マーメイド、そしてムーラン

<<   作成日時 : 2017/11/08 14:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

就学前の記憶はほとんどないのだが、
シンデレラは好きだった。
正確には、我が家の女の子向け絵本は
「白雪姫」か「シンデレラ」の二択で
私的には白雪姫よりシンデレラだった。
理由は覚えていない。
ただ、現在でも二択ならシンデレラの方だ。
何を考えているのか全く分からない白雪姫より
「お城の舞踏会に行きたい」希望をもつシンデレラの方が良い。
もちろんどちらとも友達にはなれない。

シンデレラを見ていてイラっとした。
ねずみや小鳥を見つめるシンデレラは優しい。
それに対して同居の家族には冷淡だ。
「やれやれ、(頭も容姿も不自由な)仕方のない人たちね」
という態度を無意識にとっている。
義母はシンデレラと冷戦を繰り広げるだけの器の持ち主だが、
直情的な義姉妹たちは見下されている怒りを
シンデレラに直接ぶつけてしまい、
ますます劣等生に見えてしまう。

人間が他の動物を見下すことには
ねずみは怒ったりしない。
美人で歌がうまいシンデレラがそうでない姉妹を見下すことに
義姉妹は怒る。
シンデレラの態度と家族の確執は
鶏と卵の関係だったのかと思う。

しかし、シンデレラと家族よりももっと質の悪い登場人物がいる。
国王である。
傍若無人にして無責任、
顔の美醜にのみこだわる価値観を息子に押し付ける
ロマンティックラブの信奉者。
国民がこぞって王子の結婚を望んでいるのは、
この王にさっさと引退してほしいからではないか。
王子も顔の美醜にのみこだわっていたところをみると
父王とたいして変わらなさそうだが、
若いだけましになる余地があると信じたい。

わずか数時間の会合で結婚を決めるのだから、
決定するための要素は少なく、しかも強力。
ガラスの靴をはく小さな足が重要。
小さな足フェチの王子はシンデレラを選んでめでたしめでたし。

が、ひとつ疑問。
ディズニーアニメでガラスの靴について
「これをはけるものは何人もいるだろう」と
極端な小足でないことを示唆している点だ。
顔と足のサイズ以外の要素を何か入れたかったのだろうか。



シンデレラが数時間で結婚を決めさせたのに対して
アリエルは3日間アタックし続ける。
結婚が唯一の「めでたしめでたし」であった
昔のお姫様ものの場合は
王子のフェティシズムは大事だと思う。

悪役アースラは見事だった。
真の狙いは王位の奪取であり、
アリエルの恋を利用して計画を練り上げた。
彼女は王子が声フェチであることを見抜いていたので、
アリエルから声を取り上げた。
そのうえで恋愛する場合女に必要なのは美しい顔だけで
意思は邪魔だと言い聞かせる。
白雪姫やシンデレラになら正論だろうが、
アリエルには古臭い。

アリエルが想定外に頑張って
アースラの計画がとん挫しそうだとみるや、
アースラはアリエルの声を持った美女に変装した。
王子のフェチ心を満足させる美女の出現で
アリエルの運命は原作通りかと思われた。

が、動物たちの協力もあって
アリエルは自分の声を取り戻し、
王子もアースラと戦ってめでたしめでたしとなる。
この王子はシンデレラの王子と違って
「救助された」という刷り込みがあるのだから、
できれば自力で
「声を失ってはいるもののアリエルこそが命の恩人」と
気付いてほしかったなあ。


結婚(あるいは婚約)で終了する物語なのに
ムーランはキッズ向けではない。
アースラがアリエルに語った古臭い女のための教訓は
ムーランを装わせた老女が語った。
しかし、ムーランは最初から美しく飾った姿(および古臭い教訓)に
違和感を覚える。

ムーランは自らの意思で男装して戦争に赴き、
隊長や仲間たちと苦楽を共にして
立場の違いを乗り越えた友情をはぐくみ、
すぐれた判断力と勇気を武器に軍功をあげる。

連帯感によって結ばれた2人だから
男性のフェティシズムは必要ない。
ムーランは美人だが
シャンにとっては彼女の勇気と賢さの方が重要だ。
彼らは友人であってもいいし、
結婚してもお互いが「この人だから選んだ」のだと納得できる。

顔の美醜より連帯感を重視する
このパターン、なんとなく既視感が…

マクロス?

それはともかく
自らの意思で突き進むヒロイン、
フェチのない相手役男性、
誇り高い王様(シンデレラやアラジンの王様との圧倒的な差!)
画期的な作品だったのだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シンデレラ、マーメイド、そしてムーラン 言いたい放題・追記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる