言いたい放題・追記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田原に行ってきました(3)

<<   作成日時 : 2016/10/25 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

松永記念館(老欅荘)の感想です。
「電力王」こと松永安左衛門が晩年を過ごした家。
小田原の「三茶人」として知られる彼の邸宅なので
茶室の利用があります。
私達も庭と、遺品などを展示した記念館の見学しかできませんでした
全室使用(翌日の準備をしていたようだ)というから、大規模ですね。
ある流派(表千家とか裏千家とか武者小路千家とか)の小田原にある教室が
一堂に会してのお茶会なのかな。
かまぼこやお城に押されて?
あまり語られてないけど、
小田原って茶道の盛んな町ですよね。
茶道は戦国大名のたしなみだから
城下町はだいたい茶道の街を名乗る資格があると思うんだけど、
小田原は茶菓が良いって聞いたことがあります。(20年位前)

お茶会と言えば、
男性の茶道教室が一席もつお茶会があってもいいよね。
戦国時代や江戸時代初期の茶道は男性のものだったのだから。
で、それを見学したい。
もちろん、コスプレとか不要です。
昔の装束の男性の茶道なら
千利休のドラマで見たことあるv

お庭は自然庭園、
斜面の地形を上手に使っています。

ここから古稀庵(旧山県有朋別邸)経由で内野邸へ向かったのですが、
記念館のお姉さんに何度か「サルに気を付けて」と言われました。

古稀庵前から下り坂を下っていた時
上ってくるサル…
会ってしまいました。

主人は私と娘を後ろにかばってくれました。
私は娘と手をつないで、サルから目を離さず歩きました。
できれば関わりたくない、とお互いに思っているはず。
人間とサルは互いにお行儀よく右側通行して
すんなりすれ違いました。
サルのお尻は赤くなっていました。
発情期にある大人の雌でした。
そういう季節ですねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小田原に行ってきました(3) 言いたい放題・追記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる